2007/07/10公開
2007/08/29更新

電圧変動測定(2007年8月29日追加)


850W高効率静音ハイパワーモジュラー電源の
        
Antec TRUEPOEW Quattro TPQ-850


ATI HD2900XTを導入したものの550W(CrossFire使用時は750W)を必要とする電気大食いカードでテスト環境の420W電源では、ATI HD2900XT動作が不安定になるのと、ATI HD2900XTカードではCATALYST Control Centerに実装されているオーバークロック機能「ATI OverDrive」を利用するにはPCI Express用8ピン+6ピンの構成で利用する必要があるため思い切ってAntecのTRUEPOWER Quattro TPQ-850を購入しました。黄色がなんとも言えず阪神タイガース版みたいな電源です。

Antec TRUEPOWER Quattro TPQ-850の特徴

1)高効率静音ハイパワーモジュラー電源クワトロ
 ・4つの独立した+12V(768W/64A)出力回路により、安定した高出力を実現。
 ・最新のATX12V Ver.2.2及びEPS12V Ver.2.91に準拠し、デュアル/クアッドCPUやサーバレベルのプロセッサー要求に対応。
 ・次世代規格の8ピンPCI Express電源に対応、最新のQuad SLIやGeForce 8800 GTXのSLI などのハイエンドな電源要求にも対応。
 ・アクティブPFC搭載で、入力電圧の波形を調整し電源の力率を改善。
 ・ユニバーサル入力により、電圧100- 240V間でコンセントからの交流(AC)入力に対して、自動で切り替え。

2)アドバンストケーブルマネジメントシステム採用
 ・耐久性を向上させたモジュラーケーブルとアドバンストケーブルマネジメントシステムにより、ケーブルの混線を無くしクリーンなエアフローを実現。
 ・電源を供給する電源コネクタ各種に、電気抵抗が低く通導性に優れている金メッキコネクタを採用。
 ・高効率な低発熱設計により、電源ファンの小型化(8センチファン)を実現。

3)高レベルの安全、工業用グレードの保護回路搭載
 ・高レベルの安全を実現した工業用グレードの保護回路により負荷による損傷を防止。
 ・24時間50℃の厳しい環境下でも定格出力とMTBF:8万時間の耐久性を実現。

4)80PLUS認証取得
 ・80PLUS認証である、80%以上の高効率性を実現した省エネ仕様。

Antec TRUEPOWER Quattro TPQ-850の仕様
規格 EPS12V v2.91 及び ATX12V v2.2 準拠 (デュアル/クアッドコアCPUに対応)
搭載ファン 8センチ静音ファン
入力電圧 100〜240Vac ±10%
入力周波数帯 47Hz〜63Hz
効率性 最大85%
保護回路 OVP(過電圧保護)、SCP(短絡保護)、UVP(電圧不足保護)、OPP(過電力保護)
動作温度 0℃〜50℃
平均故障間隔(MTBF) 100,000 時間
安全性許認可 UL、CUL、FCC、TUV、CE、C-tick、CCC、CB
Gold plated connectors for
LOHAS アクティブPFC、80PLUS、RoHS適合
サイズ 150(幅)×180(奥行)×86(高)mm
重量 2.6kg

Antec TRUEPOWER Quattro TPQ-850の出力
DC Output +5V +3.3V 独立した+12V出力回路 -12V +5VSB
+12V1 +12V2 +12V3 +12V4
Max Load 30.0A 25.0A 18.0A 18.0A 18.0A 18.0A 0.5A 3.0A
Min Load 0.2A 0.1A 0.1A 0.5A 0.0A 0.0A 0.0A 0.0A
Available Power 180W 768W (64A)
Total Power 850W
AC input : 100〜240V (ユニバーサル入力)/ 12〜6A : 60〜50Hz

TruePower Quattro TPQ-850 (阪神タイガースか?) 850Wなのに低発熱設計で8cm角ファンで冷却
必要なケーブルだけを接続(HDD/SATA用ソケット(黒)×3、PCI Express用ソケット(赤)×2) アドバンストケーブルマネジメントシステム
PCI Express用6+2ピン(金メッキコネクタ) PCI Express用6+2ピンをカードに接続
全ケーブルソフトタイプのメッシュ結束加工が施されています



電圧変動測定(2007年8月29日追加)

OCCT 1.1.0 を使用してVcore、3.3V、12V電圧の30分間の電圧変動を測定してみました。
OCCT 1.1.0で使用できるMotherbord Monitor ソフトはMotherbord Monitor 5、Speedfan、EVEREST の3種類です。
使用したMotherbord Monitor ソフトはMBM 5.3.7.0ですが、MBMだとVocreが2.50Vと異常な数値になったので、VcoreはSpeedfan 4.32 を使用しました。
EVEREST Home Edition 2.20 の使用を試みましたがエラーになって使用できませんでした。

測定環境
CPU intel PentiumD 950 (3.4GHz)
CPUファン リテール
メモリー SanMax DDR2-800 CL5 hynix 1GB×2=2GB
BIOS設定:SPD (5-5-5-18)
マザーボード Asustek P5W DH Deluxe(i975X + ICH7R)
HDD HITACHI Deskstar7K80(80GB)
サウンドカード Creative Sound Blaster Audigy 2 Digital Audio
ネットワーク オンボード(Marvell 88E8053)
OS Windows XP Professional SP2 DirectX9.0c
ビデオカード ATI HD2900XT(R600)デフォルトクロック
ドライバー CATALYST 7.8

アイドル状態でのテスト 3DMark06で負荷を掛けた状態でのテスト






inserted by FC2 system