2017/05/18公開

よりパワフルに、より詳細なコントロールを実現する
   ロジクール G300s オプティカル ゲーミングマウス です

9年ほど使用してきた「MX1100 Cordless Laser Mouse」の反応が悪くなってきたので、今回はゲーム用のマウスを購入しました。

1.G300s オプティカル ゲーミングマウスの概要

G300sオプティカルゲーミングマウス パッケージ

G300s 上面 G300s 正面 G300s 側面
G300s 後面 G300s 底面  
 

Logicool ゲームソフトウェア ポインタ設定画面」 プロファイル設定画面
7種類のLED点灯色に変更できます  
 

ロジクール G300s オプティカル ゲーミングマウスの仕様
型番 G300s
マウス本体サイズ(幅x奥行x高さ) 72mm×40mm×113mm
ケーブル長 205cm
マウス重量 112g (ケーブル含む)
センサー能力 センサー方式 オプティカル
解像度 250 – 2,500 DPI
最大加速 >20G
最大速度 60 ips(1.5m/秒)
感応性 USBデータフォーマット 16ビット/軸
USBレポートレート 1000 Hz (1ms)
滑りやすさ 動摩擦係数 0.09 μ (k)
静摩擦係数 0.14 μ (s)
耐久性 左右ボタン 1,000万回クリック
フィート 250 km


2.G300sの特徴

プログラム可能な9個のボタン   ユーザーが構成できるライト
複数キーや、難しい組み合わせのコマンドをワンクリックで入力できることで、素早いレスポンスを求められるゲームプレイシーンでも確実な操作を実現しています。   最高7色のイルミネーションライトの設定で、独自の色を割り当てて各ユーザープロファイルを識別することができるのでゲームプレイ中に、どの設定がアクティブになっているかが分かります。
     
オンボードメモリー   ゲームプレイ中に解像度を切り替え
プロファイルをオンボードメモリに保存したマウスをLANパーティーやトーナメントに持って行けば、ドライバソフトウェアを再インストールしたり、最初のコンピュータのセッティングを反映させるためにマウスの設定を再構成したりすることなく、プレイ出来ます。   あらゆるゲームの状況下に柔軟に対応することが可能でマウスホイール上下に配置された解像度(dpi)切り替えボタンによりにゲームプレイ中に解像度を250dpiから2,500dpiまで切り替えることができます。
     
1/1000秒の高速レポートレート   耐久設計
G300sは非常に高い頻度(毎秒1000回)でパソコンと高速通信を行い、一般的なUSBマウスの最大8倍ものスピードでコマンド入力が可能です。   G300sは過酷なゲーミング環境にも十分に耐えることのできる設計が成されています。左右ボタンには1,000万回のクリックに耐えるスイッチを採用し、マウス底面にはポリテトラフルオロエチレンのゲーミングフィートを施し250kmもの長距離(長時間)の操作にも十分に耐えることが可能となっています。
     
滑らかなゲーミングフィート   使いやすい設定ソフトウェア
低摩擦のポリテトラフルオロエチレンを採用したゲーミングフィートにより、手にかかる負荷を軽減しつつ、思い通りのマウス操作を実現しています。   Logicool Gaming Software(LGS)を駆使して、自分に合ったカスタマイズを行えます。セットアップもLGS上からドラッグ&ドロップで直観的に行うことができます。


3.総評

1) 軽快な操作性
「MX1100 Cordless Laser Mouse」の重量は178g (バッテリー含む)だったのでG300sの112gは非常に軽く感じます。「MX1100 Cordless Laser Mouse」は無線のためどうしても反応が悪くなりますが、G300sはゲーム専用マウスということもあってマウスの動きはゲームプレイ中に反応が遅いと言うことはありませんでした。
また、マウスの形状も握りやすい形状なっていて操作しやすくなっています。G300sはコストパフォーマンスの高いゲーミングマウスかと思います。




inserted by FC2 system