最終更新日 2017/05/12
Since May,1,2001






ハンドル名「gao」です








































































本サイトはパソコンの自作方法とPCパーツレビューを中心としています。

新着情報
2017/07/20
Intelの12コア Core i9-7920X のベースクロックは2.9GHz。情報元
Intelの12コア/24スレッドのCore i9-7920X のベースクロックは2.9GHzのようです。競合するAMD Ryzen Threadripper 1920Xのベースクロックは3.5GHzですので、Core i9-7920Xは Ryzen Threadripper 1920Xよりベースクロックが600MHz低いのに価格は$390高いということになります。
モデル名 Cores/Threads Base Clock L3キャッシュ 販売予想価格
Core i9 7920X 12/24 2.9GHz 16.5MB $1189
AMD Ryzen Threadripper 1920X 12/24 3.5GHz 32MB $799

2017/07/19
AMD Radeon RX VEGA は GeForce GTX 1080 より $300 安い。情報元
AMDは、ハンガリーのブダペストにあるAkváriumKlubでイベントを開催しました。イベントではRadeon RX Vegaベースのシステムを公開し、Geforce GTX 1080と比較していたとのことです。
イベントの中でAMDはRadeon RX VegaベースのシステムはGeForce GTX 1080(非Ti)より $300安いと言っていたとのことです。GeForce GTX 1080(非Ti)は$699でしたのでRadeon RX Vegaは$399ということになりますが今月末の正式な発表を待ちたいと思います。

2017/07/18
intelの次期メインストリームであるCoffee LakeのラインアップCore i7-8700K と Core i5-8600K。情報元
intelの次期メインストリームであるCoffee Lakeでは6コア/12スレッドモデルが登場しL3キャッシュも12MBになります。CPUソケットはLGA1151ですが対応するチップセットはZ370及びH370になり新たに対応マザーボードが必要になります。
「K」付きモデルは倍率アンロック、「K」無しモデルは倍率ロックされます。登場は今年の第三四半期の予定です。
モデル名 Cores/Threads Base Clock Boost Clock L3キャッシュ TDP
Core i7-8700K 6/12 3.7GHz TBA 12MB 95W
Core i7-8700 6/12 3.2GHz TBA 12MB 95W
Core i5-8600K 6/6 3.6GHz TBA 9MB 95W
Core i5-8400 6/6 2.8GHz TBA 9MB 65W

AMD Radeon RX VEGA の冷却には空冷方式のXL、XTモデルと水冷方式の XTXモデルが存在する。情報元
Radeon RX Vega XTXは空冷方式のXTを水冷方式にしたモデルで、TDPがXTモデルより高くなっています。XTXやXTよりシェーダーを少なくしたXLモデルも用意されている。
GPUベースクロックは1.7GHzで、ブーストクロックは1.8GHzで動作するようです。パフォーマンスはnVIDIAのGTX 1080と同程度のようです。
AMD Radeon RX Vegaシリーズは、7月30日のSIGGRAPH Capsaicinで発表される予定です。
モデル名 シェーダークラスター数 シェーダーユニット数 メモリー 冷却 ASIC Power Board Power 発売予定日
Radeon RX Vega XTX 64基 4096基 8GB HBM2 水冷 300W 375W 8月上旬
Radeon RX Vega XT 64基 4096基 8GB HBM2 空冷 220W 285W 8月上旬
Radeon RX Vega XL 56基 3584基 ? GB HBM2 空冷 220W 285W 8月末

2017/07/17
AMD Ryzen Threadripperは標準で水冷クーラーが付属し8月10日に発売予定。情報元
AMD Ryzen Threadripperは7月27日より予約受付がスタートし、発売日は8月10日に設定されているようです。また、製品には標準で水冷クーラーが付属するようです。

2017/07/14
16コアのAMD Ryzen Threadripperは10コアCore i9と同じ$999で8月発売。情報元1情報元2
米AMDは16コア/32スレッドのCPU Ryzen Threadripper 1950Xを8月初旬に$999で発売すると発表しました。対応マザーボードは8月初旬に店頭に並ぶ予定です。
intelの16コアモデルであるCore i9-7960Xは$1,699の価格が予定されています。
モデル名は当初リークしていた情報とは異なったモデル名になっています。
「Cinebench R15 multi-threaded」のベンチ結果はRyzen Threadripper 1950Xが「3062」、Ryzen Threadripper 1920Xが「2431」、Core i9 7900Xが「2350」となっています。
Core i9 7900Xの消費電力はかなり高いとのことで、 Ryzen Threadripper 1950Xの消費電力に興味があります。
モデル名 Cores/Threads Base Clock Boost Clock L3キャッシュ 発売価格
AMD Ryzen Threadripper 1950X 16/32 3.4GHz 4.0GHz 32MB $999
AMD Ryzen Threadripper 1920X 12/24 3.5GHz 4.0GHz 32MB $799
Core i9 7900X 10/20 3.3GHz 4.5GHz 13.75MB $999

2017/06/29
AMDの「Radeon Vega Frontier Edition」のベンチマーク。情報元
海外のサイトで「Radeon Vega Frontier Edition」のベンチマークが掲載されていました。ドライバーはベータ版のようで3DMark Fire Strike (フルHD)のスコアは不安定な結果になっていますが一番いいスコアは「17,313」でグラフィック・スコアは「22,916」の結果になっていてGeForce GTX 1080と同程度の性能のようです。GPU-Zの情報を見るとグラフィックメモリー16GB(HBM2)でGPUクロックは1600MHzになっています。

2017/06/22
Skylake-Xなど「Core Xシリーズ」の予約受付がアキバの一部のショップでスタート。情報元
アキバの一部のショップでintelのSkylake-Xなど「Core Xシリーズ」の予約受付がスタートしています。具体的な入荷日は不明のようです。
モデル名 Cores/Threads Base Clock Boost Clock アーキテクチャー 予価(税込)
Core i9 7900X 10/20 3.3GHz 4.3GHz Skylake-X 124,980円
Core i7 7820X 8/16 3.6GHz 4.3GHz Skylake-X 74,980円
Core i7 7800X 6/12 3.5GHz 4.0GHz Skylake-X 49,800円
Core i7 7740K 4/8 4.3GHz 4.5GHz KabyLake-X 42,980円
Core i5 7640K 4/4 4.0GHz 4.2GHz KabyLake-X 30,980円

2017/06/17
Intel Core i9-7900Xのレビュー記事公開。情報元
海外のサイトでIntel Core i9-7900Xのレビュー記事が公開されています。電圧1.25vで4.7GHzまでオーバークロックできたようです。「CHINEBENCHI」のベンチ結果は定格で「2187」、4.7GHzにOCした場合は「2488」で、既存の10c/20tのIntel Core i9-6850Xでは「1710」ですのでIntel Core i9-7900Xはかなり高性能になっています。対抗するAMDのRayzen Threadripperのレビュー記事が早く公開されるのを待ちたいです。

2017/06/16
AMDの「Radeon Pro Vega Frontier Edition」が今月末の6月26日に発売予定。発売予定価格は空冷式が $1,199で水冷式は$1,799 とのことです。情報元1情報元2
「Radeon Pro Vega Frontier Edition」はグラフィックスのプロフェッショナルやゲーム開発者向けのモデルになります。一般カスタマー向けの「Radeon Pro Vega」は7月下旬発売を予定しているとのことですが日本国内での発売は未定です。
「NVIDIA TAITAN Xp」(販売価格:$1,200)とのスペック及びベンチ比較表が掲載されていましたの下記に記載しておきます。
モデル名 Radeon Pro Vega
Frontier Edition
NVIDIA TAITAN Xp
単精度(FP32) 13.1 TFLOPS 12 TFLOPS
半精度(FP32) 26.2 TFLOPS 190 GFLOPS
TDP 空冷式:300W
水冷式:375W
250W
メモリー 16GB HBC 12GB GDDR5
SpecViewperf 12.1 Catia² 135.75 107.29
SpecViewperf 12.1 PTC Creo³ 83.94 65.2
SpecViewperf 12.1 Solidworks⁴ 114.88 67.75
SpecApc Siemens NX⁵ 4.08 2.93
CINEBENCH 183.28 169.72
「Radeon Pro Vega Frontier Edition」は「NVIDIA TAITAN Xp」と比較して「SpecViewperf 12.1」では26%~69%、「CINEBENCH」では8%の高いパフォーマンスを示していますのでゲーム用途としての一般カスタマー向けの「Radeon Pro Vega」の性能は期待できそうです。

2017/06/04
AMDのRyzen Threadripper 16c/32t の発売予想価格が$849との情報。情報元
AMDのRyzen 9は正式のモデル名はRyzen Threadripperになっていて、そのRyzen Threadripper 16c/32tの発売予想価格が$849との情報が流れています。$849で販売されるのが1998Xモデルか1988モデルかは不明です。intelのCore i9 7960X(16c/32t)は$1699での発売予想価格になっていますので、半分の価格で発売されることになります。AMDからの正式な発表を待ちたいと思います。

2017/05/31
新Core i5、Core i7、Core i9シリーズプロセッサがintelから正式発表されました。情報元1情報元2情報元3
Core i9 7980XEの販売予想価格は$1999とのことなんで現在の為替レートだと日本での販売予想価格は約23万円以上になるかと思われます。
  Cores/Threads Base Clock Boost Clock L3キャッシュ メモリー PCIeレーン数 TDP 対応チップセット Socket(LGA) 販売予想価格
Core i9 7980XE 18/36 TBA TBA 24.75MB 4チャンネル
DDR4-2666
44 165W X299 2066 $1999
Core i9 7960X 16/32 TBA TBA 22MB $1699
Core i9 7940X 14/24 TBA TBA 19.25MB $1399
Core i9 7920X 12/24 TBA TBA 16.5MB 140W $1199
Core i9 7900X 10/20 3.3GHz 4.3GHz 13.75MB $999
Core i7 7820X 8/16 3.6GHz 4.3GHz 11MB 28 $599
Core i7 7800X 6/12 3.5GHz 4.0GHz 8.25MB $389
Core i7 7740K 4/8 4.3GHz 4.5GHz 8MB 2チャンネル
DDR4-2666
16 112W $339
Core i5 7640K 4/4 4.0GHz 4.2GHz 6MB $242

2017/05/29
未発表のハイエンド Core i9シリーズプロセッサに12、14、18コアプロセッサーが追加の情報。情報元
新モデルのCore i9 は12コアモデルまでは情報が流出していますが、新たな情報では12、14、18コアプロセッサーの3モデルが追加されていました。「Ryzen 9 1998X」の16コアを上回る「Core i9 7980XE」18コアが登場するようです。
  Cores/Threads Base Clock Boost Clock L3キャッシュ PCIeレーン数 PCIe 転送速度 TDP アーキテクチャー 発売予定日
Core i9 7980XE 18/36 TBD TBD TBD TBD TBD TBD Skylake-X TBD
Core i9 7960X 16/32 TBD TBD TBD TBD TBD TBD Skylake-X TBD
Core i9 7940X 14/24 TBD TBD TBD TBD TBD TBD Skylake-X TBD

2017/05/18
その他コーナーに「G300s オプティカル ゲーミングマウス」を追加しました 。

2017/05/16
AMDのRyzen 9 の流出情報。最大16コアとBoot Clock 4.1GHz。情報元
AMDの新ラインアップのRyzen 9 の流出情報が出ていました。CPUのコア数は16、14、12、10がラインアップされBoost Clockは最大4.1GHzで動作するようです。
Ryzen9ラインアップを表にまとめてみました。
モデル Cores/Threads Base Clock / Boost Clock TDP
Ryzen 9 1998X 16/32 3.5GHz / 3.9GHz 155W
Ryzen 9 1998 3.2GHz / 3.6GHz
Ryzen 9 1977X 14/28 3.5GHz / 4.1GHz
Ryzen 9 1977 3.2GHz / 3.7GHz 140W
Ryzen 9 1976X 12/24 3.6GHz / 4.1GHz
Ryzen 9 1956X 3.2GHz / 3.8GHz 125W
Ryzen 9 1956 3.0GHz / 3.7GHz
Ryzen 9 1955X 10/20 3.6GHz / 4.0GHz
Ryzen 9 1955 3.1GHz / 3.7GHz
Ryzen 9は現在発売されているRyzenよりもサイズが大きいのでAM4ソケットと互換がないようです。
対応するチップセットはX390(シングルCPU用)、X399(デュアルCPU用)でソケットはAM4と互換の無い新たなS3ソケットになりソケット形状はPGA(CPU側にピンが出ているタイプ)からLGA(ソケット側にピンが出ているタイプ)へ変更され、DDR4クアッドチャネル、PCIeは44レーンをサポートするようです。正式には5月30日のComputexで発表されるようです。
intelに後塵を拝していたAMDですが、今年はAMDから魅力的な製品がリリースされ活躍しそうです。

AMDのVega フルラインアップ流出情報。最速のVega NovaはGTX1080Tiより安い$599で発売される予定。情報元
AMDは5月31日にComputexでVegaベースのグラフィックカードを発表する予定で、6月5日にリファレンスモデルカードをリリースする予定とのことです。
Vegaグラフィックスカードは3種類のモデルが用意されています。
モデル名 競合Nvidiaモデル 発売予定価格
RX Vega Core GTX 1070以上の性能 $ 399
RX Vega Eclipse GTX 1080と同等性能 $ 499
RX Vega Nova GTX 1080 Tiと同等性能 $ 599
GTX 1080 Tiの発売予定価格は$699でしたのでRX Vega Novaは$100安く発売されることになります。為替レート142円で換算するとRX Vega Novaは日本円で約85,000円での発売になると思われます。
AMDからやっとGTX 1080 Tiの競合モデル登場で楽しみです。

2017/05/14
未発表のハイエンドCore i7 と Core i9シリーズプロセッサの情報。情報元
新モデルのCore i9 と 次期モデルのCore i7の情報が掲載されていました。Core i7 7740Kは現在の7700Kの上位モデルになるものと思います。対応するチップセットはX299でソケットはLGA2066になります。
  Cores/Threads Base Clock Boost Clock L3キャッシュ PCIeレーン数 PCIe 転送速度 TDP アーキテクチャー 発売予定日
Core i9 7920X 12/24 N/A N/A 16.5MB 44 88GB/s 140W Skylake-X 2017年8月
Core i9 7900X 10/20 3.3GHz 4.3GHz(Turbo 2.0)
4.5GHz(Turbo 3.0)
13.75MB 44 88GB/s 140W Skylake-X 2017年6月
Core i9 7820X 8/16 3.6GHz 4.3GHz(Turbo 2.0)
4.5GHz(Turbo 3.0)
11MB 28 56GB/s 140W Skylake-X 2017年6月
Core i9 7800X 6/12 3.5GHz 4.0GHz 8.25MB 28 56GB/s 140W Skylake-X 2017年6月
Core i7 7740K 4/8 4.3GHz 4.5GHz 8MB 16 32GB/s 112W KabyLake-X 2017年6月
Core i7 7640K 4/4 4.0GHz 4.2GHz 6MB 16 32GB/s 112W KabyLake-X 2017年6月

2017/05/12
「NVIDIA TAITAN Xp」と各社「GeForce GTX 1080 Ti」OC(オーバークロック)モデルのレビュー記事が「Guru3D」や他のサイトで掲載されていましたのでベンチマーク結果とオーバークロックの結果をまとめて比較してみました。
各サイトの動作環境が異なるので参考程度に留めていただければ思います。
「Guru3D」の場合は「NVIDIA TAITAN Xp」をオーバークロックしているようなので「GeForce GTX 1080 Ti」のOCモデルより良い結果が出ています。総合的にベンチ結果を見ると「NVIDIA TAITAN Xp」は「GeForce GTX 1080 Ti」のOCモデルと性能的には僅差のようです。海外での販売価格は1200ドルで、国内販売は未定のようです。
OCモデルの中で「3DMark FireStrike」ベンチ結果だけ見ると「Gigabyte Aorus GTX 1080 Ti Xtreme Edition」が突出して良い結果がでています。「3DMark FireStrike」ベンチ以外では「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme」が全体的に良い結果が出ています。オーバークロックの結果では「MSI GTX 1080 Ti GAMING X」がデフォルトクロックが低いこともあってクロックの延びが良く見えます。ただし、ベンチ結果では「MSI GTX 1080 Ti GAMING X」が善戦しています。現時点で「MSI GTX 1080 Ti GAMING X」は価格が4モデル中唯一10万円を切っておりコストパフォーマンスの高いモデルかと思います。
「NVIDIA TAITAN Xp」のレビュー記事はこちらにも掲載されていますのでご参考にしてください。
モデル 3DMark FireStrike
上段 Score
下段Graphics Score
3DMark FireStrike Extreme 3DMark FireStrike Ultra 3DMark Time Spy
上段 Score
下段Graphics Score
NVIDIA TAITAN Xp 25035(22235)
31956(29485)
(13442) (7235) (8788)
(10046)
ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme 23366
29613
7414 10082
10258
Gigabyte Aorus GTX 1080 Ti Xtreme Edition 23414
31253
13441 7238 9922
9998
ASUS ROG Strix GeForce GTX 1080 Ti 23493
29482
13660 7226 9929
10015
MSI GTX 1080 Ti GAMING X 22915
13367 7214 10062
10168
GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition 20459
28225
13799 6769 8310
9233
「NVIDIA TAITAN Xp」の「3DMark FireStrike」ベンチ結果はコアクロックを1974MHzにオーバークロックした時に取得したデータとのことです。
「NIVIDIA TAITAN Xp」の「3DMark FireStrike Ultra」と「3DMark Time Spy」のベンチデータはここから引用しています。「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」のベンチデータはPCWatchから引用しました。
モデル デフォルト Overclocked 3DMark Time Spy
上段 Score
下段Graphics Score
Base Clock / Boost Memory Clock Base Clock / Boost
()内はデフォルトからのClockUp
Memory Clock
NIVIDIA TAITAN Xp 1426MHz / 1582MHz 11400MHz (8788)
(10046)
ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme 1645MHz / 1759MHz 11200MHz 1670MHz(+25MHz) / 2062MHz(+303MHz) 12358MHz 10568
10806
Gigabyte Aorus GTX 1080 Ti Xtreme Edition 1607MHz / 1721MHz 11232MHz 1647MHz(+40MHz) / 2038MHz(+317MHz) 12246MHz 10593
10799
ASUS ROG Strix GeForce GTX 1080 Ti 1569MHz / 1693MHz 11010MHz 1629MHz(+60MHz) / 2012MHz(+319MHz) 11800MHz 10395
10567
MSI GTX 1080 Ti GAMING X 1544MHz / 1657MHz 11016MHz 1619MHz(+75MHz) / 2038MHz(+381MHz) 12312MHz 10546
10748
GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition 1481MHz / 1582MHz 11010MHz (8310)
(9233)

2017/05/07
その他コーナーに「スティックPCを徹底研究」を追加しました 。

2017/05/01
親父のコラムコーナーのCPU用に「第4回グラフィックカードの進化を振り返る」を追加しました 。

2017/04/29
ヒートシンクコーナーのCPU用に「CWCH100 (水冷)」を追加しました 。

2017/04/28
グラフィックカードコーナーに「Asus STRIX GeForce GTX970」を追加しました 。
2017/05/10 「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」に解像度1920x1080を追加。「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」の結果追加

2017/04/26
CPUコーナーに「Core i7 4930K (3.4GHz)」を追加しました 。
CPU交換でメインPCをPCI Express 3.0環境にアップグレードしました。

2017/04/21
マザーボードコーナーに「GA-X79-UD5」を追加しました 。
ちょっと古い製品です。

2017/04/20
サイトデザインをリニューアルしました 。

2013/12/23
iPhoneコーナーに「iPhone5sを保護するケースとフィルム」を追加しました 。
久々の更新です。

2013/06/02
Intelから第4世代の開発コード名「Haswell」が発売開始しました。情報元1情報元2
Intelから第4世代の開発コード名「Haswell」の発売開始と新型チップセット、「Intel 8シリーズ」を搭載した「Haswell」対応マザーボードも同時に発売開始されています。
旧CPUとの比較。
  Core i7-4770K Core i7-3770K Core i7-2700K
コードネーム Haswell Ivy Bridge Sandy Bridge
製造プロセス 22nm 32nm
コア数/スレッド数 4/8
CPU動作クロック 3.5GHz
Turbo Boost時 3.9GHz
L3キャッシュ 8MB
内蔵GPUコア Intel HD Graphics 4600 Intel HD Graphics 4000 Intel HD Graphics 3000
Execution Units 20基 16基 12基
GPUコアクロック(最大) 1,250MHz 1,150MHz 1,350MHz
TDP 84W 77W 95W
対応ソケット LGA 1150 LGA 1155

2013/05/25
NVIDIAからGK110コアベースの「GeForce GTX 780」が発表されました。情報元1情報元2
NVIDIAから「GeForce GTX TITAN」と同じGK110コアを採用するGPU「GeForce GTX 780」を発表しました。
  GTX780 GTX TITAN GTX680
コードネーム GK110 GK104
製造プロセス 28nm
トランジスタ数 71億 35億
DirectX 11.1
シェーダープロセッサ数 2304基 2688基 1536基
テクスチャユニット数 192基 224基 128基
ROP数 48基 32基
コアクロック 863MHz 837MHz 1006MHz
ブーストクロック 900MHz 876MHz 1058MHz
L2キャッシュ 1536KB 512KB
メモリクロック 6008MHz相当
メモリタイプ GDDR5
メモリインタフェース 384bit 256bit
メモリバス帯域幅 288.38GB/s 192.26GB/s
メモリ容量 3GB 6GB 2GB
TDP 250W 195W
接続インタフェース PCIe3.0
PCIe外部電源 6ピン×1、8ピン×1 8ピン×2

NVIDIAから最新ドライバーGeforce 320.18 WHQL版がリリースされています。ダウンロードはWindows XP用32bit版64bit版。Windows 8 & Windows 7 & Windows Vista用32bit版64bit版

2013/04/28
iPhoneコーナーに「iPhone4をアンプシミュレーターに」を追加しました 。
久々の更新です。

2013/01/12
NVIDIAから最新ドライバーGeforce 310.90 WHQL版がリリースされています。ダウンロードはWindows XP用32bit版64bit版。Windows 8 & Windows 7 & Windows Vista用32bit版64bit版

2013/01/01
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。



雑誌掲載
・2006年06月27日 (株)司書房「無料セキュリティーfor Windows」に掲載されました。
・2005年02月24日 (株)司書房「Windowsセキュルティマニュアル[完全版]」に掲載されました。
・2004年04月03日 インフォレスト(株)「PC・GIGA5月号」に掲載されました。
・2003年01月31日 宝島社「自作PCのツボ! 2003DVDもTV録画もすぐできる!」に掲載されました。


過去ログ
2012年12月分までは過去ログに移動しました。
inserted by FC2 system